胃炎や胃潰瘍で胃が痛い!胃腸を回復するメニュー

822fed1d8b0830dc73f08bea2019aa0c_l

心配事があると胃が痛くなるというたとえがあるように、精神的なストレスなどは胃炎の原因になることもあります。そんな【胃炎や胃潰瘍】などで胃がきりきりと痛むとき、食材によっては胃へ気が染みて痛くてつらいものです。

スポンサーリンク

自分の“胃の痛み”の原因を知る

32adaf7064fc5ea3744a40e342b5f44f_m

胃痛とひとことで言っても、その症状によって食べたほうが良いものは少し変わってきます。誰もが一度は経験したことがあるほど一般的な胃痛ですが、特に何もせずに放置してしまうと、実は大病の初期段階を知らせる痛みだった…というケースもあるので定期的に健診を受けるなどして、自分の健康状態は常に把握しておくことが大切です。

ピロリ菌まで減らす?!はちみつ効果

1637cbb0de5d6430a13b850011e89dec_m

胃炎や胃潰瘍の原因仕組みは胃の表面を覆う粘膜がストレスや暴飲暴食などの原因によって炎症を起こしているために起こるものです。胃炎に効果がある食材としておススメなのがはちみつです。はちみつは消化吸収がよく胃に負担をかけないだけでなく、はちみつの持つ抗酸化作用の働きで胃炎の症状の緩和や胃炎そのものの改善にも効果的です。同じ蜂蜜の中でも胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減らしてくれる効果のある種類もあり注目されています。

食生活で注意するポイントとしてはなるべく刺激や油分の少ないものを選ぶことです。どうしても外食をしないとならないときには和食系の定食メニューを選ぶか、うどんなどの油の少ない麺類も胃に負担をかけず消化が良いのでお勧めメニューです。あまり刺激の強いにんにくやショウガなどをたっぷり使った食事は避けるようにするのもポイントです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加