胃の疲れと胃酸の関係|胃腸の調子を整えるコツ

胃腸疲れ レシピ

食べ過ぎたり、生活が不規則になって胃が疲れることがありますね。そんな胃の不快感はなぜ起こるのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ胃炎や胃潰瘍になるの?

胃腸と胃酸 食事

胃は強力な酸によって、体内に入れた食物を消化します。しかし、胃の粘膜によって胃そのものは守られている為、消化器官を痛める事がないのが健康な人の身体です。つまり、胃の粘膜が何らかの問題で胃の内壁に分泌されていないと胃炎や胃潰瘍という病気になるのです。

このように消化の仕組みと病気は表裏一体で、胃が疲れている時には、胃酸が出ている割合に比べて、胃の粘膜の分泌量が足りないために胃酸が引き起こす胃のトラブルが発生するのです。このようなトラブルを未然に防ぐ為には、胃腸を強くするための食事療法が大切になってきます。

胃の調子が整う週間

胃酸 ストレス 原因

消化は先ず、口内でしっかりと咀嚼することで唾液を分泌させ、充分な胃液の分泌ができるように脳や消化器官に知らせることから始まります。そして、咀嚼だけで充分に分解できない部分は胃の出番ですが、充分に分解できないものは少量ずつゆっくりと食べる事が大切です。又、胃で消化が終わり、十二指腸に食物が移動しても胃酸の分泌が終わらないと分泌過剰で粘膜の薄い部分から炎症を起こす可能性が出て来ますので、食後はゆったりと過ごす事が大切です。

食事内容はできるだけ、繊維質の少ないものが良く初めにスープや野菜類をしっかり食べた後にタンパク質、炭水化物などを摂取すると、満腹感が早く出て通常よりも摂取量が少なくて済むこと、しっかりと噛む習慣が身につきやすい為、胃が疲れすぎたり、胃酸が出過ぎたりするのを避ける事ができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加