消化に悪い食べ物?胃腸に負担がかかる食材

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_m

季節の変わり目など、風邪や体調不良で胃腸の調子が良くない時も多いと思います。そのような時には消化の悪い食べ物を避けて胃腸への負担を軽くする必要があります。

スポンサーリンク

食物繊維は胃に負担をかける

6d8bae823182168ebdc3b089e0ee2ad7_m

消化の悪い食べ物とはどのようなものかと考える時、胃にやさしい食べ物をよく理解していれば簡単です。消化のよい食べ物とは、胃に留まる時間が短い、胃を荒らさない、食物繊維が少ないという3つが考えられます。

従って消化に悪い食べ物とはその逆で、胃に長く留まり胃を荒らし食物繊維が多い食べ物、ということになります。

香辛料や刺激物は胃の負担になる

b7d3eeb49d19f6fdea5ea887a9c4c096_m

消化に悪い食材を具体的に考えてみましょう。まずみかんやイチゴなどの果物、ごぼうやサツマイモなど食物繊維が豊かなものが考えられます。脂分の多いものも胃に負担をかけます。従って、消化に悪い調理方法としては揚げ物が考えられます。甘いものや冷たいものも避けたいですね。

ケーキやチョコレート、アイスやカキ氷なども消化に悪いことを知っておきましょう。スナック菓子やジャンクフードも胃に良くありません。カップラーメンをすすっていると、胃に負担をかけてしまいます。また、当然のことながら、刺激物やカフェイン・酒は厳禁です。香辛料や唐辛子や梅干、ペッパー、コーヒーもできるだけ避けたいですね。また、炭酸飲料や冷たい牛乳も胃に負担をかけてしまいます。体調が良くない時はこれらの消化に悪い食べ物を避けて、温かく消化のよい食べ物を少しずつ摂取していきましょう、胃腸にやさしい食べ物で消化吸収を助けて、少しずつ体調を整えていき健康を取り戻していきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加