消化にもいい!ガンコな便秘に効く食べ物

shutterstock_306463214

体の調子が良い状態は、快食快便といわれています。適度に取り入れて、適度に出す、体の中に溜め込まない、考えてみれば当たり前の事ですがこれがうまくいかない場合があります。
うまく排出されない状態が便秘ですが、これを改善する食べ物があるのでしょうか?
そんなことを調べてみました。

スポンサーリンク

便秘の原因と対処法

shutterstock_392835907

便秘の原因は大雑把に分けると2つ有ります。
1つは腸の働きが悪くなったり、腸内環境が悪くなった場合です。
これにより腸の動きが悪くなり、外に押し出す力がないため便秘になります。
この場合は、腸内環境を整えてやれば、改善されることになります。
もう一つは便そのものが固くなり、排出されにくい状態になることです。
この場合、腸がいくら動いても中の物が動いてくれないので、その場所に溜まっていくことになります。この場合は、便が排泄されやすい状態に持っていけば良いことになります。

便秘の強い味方は食物繊維!

shutterstock_429138103

便秘の時は食物繊維を取れば良い、とはよく聞くことですがチョッと待ってください。
一口に食物繊維と言っても全く性質の異なる2つの種類があるのをご存知でしょうか?
1つは水溶性食物繊維です、文字通り水に溶ける性質を持っていて、保水力が高く水分を含んでゲル状になります。
水溶性食物繊維が多いと便は柔らかくなりますが、多すぎると膨らんで道を塞ぐことにもなりかねませんから、程々に。もう1つは不溶性食物繊維で、こちらは水に溶けません、こちらが増えると便が固くなりますが、その事が腸の蠕動運動を促し、排便を助けることになります。
この2つのどちらに偏っても、快便にはなりませんから、両方を上手くバランスよく取ることが大切です。
そしてもう一つ忘れていました、水溶性と不溶性の両方の性質を併せ持った変わり種がいます。それはお米などの穀物に含まれるレジスタントスターチです。
レジスタントスターチは腸内環境を整え、ダイエットにも良いとして注目されています。

つらい便秘に効く代表的な食品

shutterstock_408450931

便秘に良いと食べ物の代表がバナナです。
食物繊維を多く含み、腸内の善玉菌の餌になるオリゴ糖を多く含むため腸内環境を整えてくれます。また消化に良いのも助かります。

「リンゴが赤くなると医者が青くなる」ということわざが西洋には有るそうです。
リンゴに含まれるアップルペクチンは整腸効果が高く腸内環境を良くしてくれます。
アップルペクチンは皮に多く含まれるので丸ごとジュースにしてしますのも良いでしょう。

オリーブオイルは、主成分のオレイン酸が大腸を刺激し、蠕動運動を促します。また、潤滑油として排便を助ける働きも有ります。

日本人の主食であるお米も便通を促す作用があります。
昔の日本人は殆ど米主体の食事だったため、排便量が西洋人の数倍有ったそうです。
そのため、戦争中に日本軍が去った後の基地を調べた米軍が残された便の量から日本軍の人数を計算したところ、実際の数の数倍の数字が出て驚いたという話も残っています。
ご飯を食べる時はよく噛んで食べると消化が良くなります、早食いをすると良い所が生かされませんので注意しましょう。

便を固くしないためには水分を取る必要が有ります。そこで水よりも温めて白湯で飲むのがお薦めです、さらにそれよりもお茶を飲みましょう、中でもプーアール茶などの半発酵したものは、脂肪を分解したり腸内環境を整える効果が高いと言われています。

腸内環境をよくする発酵食品

shutterstock_408450931

腸内環境を整えるのに良いものとしてよく聞くのがヨーグルトなどの発酵食品です。
ヨーグルトには腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖、ビフィズス菌が含まれています。
日本の発酵食品の納豆も納豆菌が腸まで届き、腸内環境を整える働きをします。
また納豆には水溶性と不溶性の両方に食物繊維がバランスよく含まれているため、その面でも腸の働きを良くしてくれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加