【腹痛や胸やけ】消化の良い食べ物と食材

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_m

腹痛や胸やけなどで胃が痛くて胃腸の調子が悪い時があります。その様な時のどの様な食べ物を食べたらいいのか迷います。消化の良い食べ物の定義・条件とは何かということです。

スポンサーリンク

不溶性食物繊維は消化に良くない

4318d5cbf044b67d53c55bb4e4303ab9_m

消化の良い食べ物とは胃にとどまって異父時間が短い食べ物、胃腸を荒らさない食べ物、食物繊維が少ない食べ物です。腹持ちが良い食材は消化に悪いという事です。長い間、胃の中に留まるので消化する為に大変負担になります。消化に良い食べ方は、柔らかく煮る、消化に負担のかかる食材を避ける、小分けにして食べる、温かくして食べるなどです。風邪や体調不良などの時にも気をつけたい食べ方です。

そこで消化の良い食材を使う事が大切になってきます。食材として、柔らかく煮たうどんやお蕎麦、おかゆなどです。炭水化物ですがエネルギーにもすぐ変わります。食物繊維の豊富な食材は消化が良さそうなイメージがありますが、水に溶けない不溶性食物繊維は歯応えも固く消化に大変負担がかかります。

“酸味”の強い食べ物は胃の負担になる

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_m

例えば、【ごぼうや大豆】などです。水に溶ける水溶性食物繊維が多く消化に良い食材はキャベツやほうれん草、かぼちゃ、じゃがいも、大根などです。そして栄養源として欠かせないのがタンパク質です。卵や豆腐、鶏肉の脂肪の少ない部位や白身魚も良いです。体が弱っている時は無理にタンパク質は食べない方が良いですが、回復に合わせて食べていく事が良いです。

果物でも消化の良い食材と悪い食材が存在します。消化に良いのは、りんごやバナナや桃の缶詰めなどです。みかんやオレンジなどの柑橘類は酸性で酸味が強く胃に負担がかかり消化に悪いです。消化の良い食材をよく噛んで食べることがもっとも消化を助ける条件にもなってきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加